牛革の色(画像の色はイメージ色として参考ください)

ナチュラル

最もスタンダードであり王道のナチュラルです。別名「生成り」という人もいます。M's craftが一番こだわって厳選する革です。

 

ヌメ革は牛が生きていた頃の証として傷やシワなどがあります。

それは人工物でない証拠ですのである程度のシワやスジは使用します。

長年使用していくと革の色が変化していきます。艶もだんだん出てきます。

 

どこの革を扱っているかは紹介しません。

それは雑誌や流行でその革を選ぶのではなく製作者が使って良いと感じた革をお客様に提供したいためご了承ください。

 

ナチュラルは経年変化が最も楽しめる革です。

 

人それぞれで色味の変化が違い同じ色合いにはなりません。

その魅力に取りつかれる人は多く、おすすめの革です。

 

ただし、最初はとても明るい色の為、雨シミや汚れなど気にする人には向きません。

 

M's craftではヌメ革が汚れて見える時期が早く通り過ぎるように色焼けの早い革を使っています。

(画像左・・・使い始め 真ん中・・・一年 右・・・二年)

色の変化は個人差があります。

 

 

黒革

最初は艶がなく落ち着いた感じの革ですが、使っていくとかなり艶が出ます。

艶が出た頃にはその革の魅力にとりつかれていることでしょう。

チョコ

黒革同様に、最初は艶がなく落ち着いた感じの革ですが、使っていくとかなり艶が出ます。

艶が出た頃にはその革の魅力にとりつかれていることでしょう。

※茶系は染色が難しいためロットで色味が多少違います。

 

チョコは最初は明るい薄茶色ですが、使うほど、色の濃いチョコレート色に変化します。

画像はスマホケースで毎日使い続けて一年ほどの経年変化です。

この変化はナチュラル同様、個人差があります。

 

白革

女性に人気の革です。

白革にも色々ありますがM'sで選んだ革は他のものよりヒビ割れがしにくく艶のあるタイプです。

 

糸の色が何色でも相性良く革の横面(コバ)はナチュラル色になっています。

表面は顔料染めになります。

 

ピンク革

白革同様に女性に人気の革です。

ピンク革自体が少なく、そこでM's craftでは糸の色も合わせれるところはかなりの魅力だと思います。

 

革の横面(コバ)はナチュラル色になっています。

表面は顔料染めになります。

 

赤革

 

今までも赤い革で色々作りましたが出来上がりはかなり目立つ人目を惹く印象でした。

ステッチの人気は黒・白。

黒革の内側を赤にするのもオシャレですね。

メモ: * は入力必須項目です

人気商品

代表の丸山です

こんにちは。M's craftの代表 丸山です。素材と作りにこだわりを持ちすべて日本人が手作業にて製作をしています。こだわりは「お客様が欲しいものを作る」です。

 

 

営業カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ別

Instagramはオーダー品の途中経過や、試作などカタログ代わりに見てください(^-^)

 

Instagram