お買いものページGO!!

こちらは完成品が購入できます。

◆コインケース◆

 

見た目は小さくて可愛いですがコインの入る量はかなり入ります。

製作者が欲しいと思い作った作品。

ジーンズの前ポケットでも邪魔にならず大容量。

横は広めのマチがあり取り出しやすくなっています。

・PRICE
 ¥7700~
・SIZE
  H約5.5㎝ W約8㎝
 


◆コインケース大◆

 

普通のコインケースの大きくしたタイプですが、お客様からの要望によりカードやお札を折りたたんで収納できるスペースを作りました。

全面はカードを数枚収納。

中面に仕切りでお札を収納できます。

コインの容量は多すぎるぐらいです。

・PRICE
 ¥12000~
・SIZE
  H約6㎝ W約10㎝
 

◆ラウンドファスナーコインケース◆

 

回りがファスナーになってるコインケースです。

中にはカードやお札等仕切り部分に収納でき、真ん中のファスナーは小さいのでお守り等も入れるのに良いかも?

 

ちょっとお出かけはこれ一つでOKです。

 

 

・PRICE
 ¥18000~
・SIZE
  H約7.5㎝ W約10.5㎝
 

◆馬蹄型コインケース◆


定番ですが人気の馬蹄型コインケースです。

蓋の裏にコインを滑らせコインが一目でわかるので使いやすいので人気があります。


お札を折りたたんで入れることができるサイドポケット付きです。

蓋はしっかり閉まるためあけるときは革ひもを引っ張ってあけます。


・PRICE
 ¥13000~
・SIZE
  H約8.0㎝ W約9.0㎝
 

INDEN~印伝~

 

印伝とは調べたところによると、インド(印度)から伝わったと言われています。

この印伝は昔からとても気になっていて、いつか牛革とのコラボを実現したいと思っていました。

歴史も古く有名なところでは山梨県の甲州印伝が挙げられます。

 

鹿革をベースに漆で模様を付けた色々な模様がありますが、

M's craftでは一番人気の柄でもある「トンボ」を使用します。

トンボは「勝虫」と言われ、けっして後ろに飛ばないことから戦国武将にも好まれていたとのことです。

今回のシリーズは印伝の鹿革の黒に黒のトンボ柄の漆を選びました。

 

肌ざわりが良く、あまり目立ちすぎず、光にあたるとキラキラ光り気品さも兼ね備えています。

印伝を表面に使い、革が傷みやすい部分は牛革を使う、というように個々の特徴を生かした商品製作を重要視しております。

 

 

※M's craftで扱う印伝は甲州印伝ではありません。

 

 

INDEN Coin caseA

・PRICE
 ¥12300~
・SIZE
  H約5.5㎝ W約8.0㎝
 
牛革・鹿革印伝(トンボ)
 

INDEN Coin caseB

・PRICE
 ¥14300~
・SIZE
  H約9.0㎝ W約9.0㎝
 
牛革・鹿革印伝(トンボ)・裏張り(豚革焦げ茶)
 

人気商品

代表の丸山です

こんにちは。M's craftの代表 丸山です。素材と作りにこだわりを持ちすべて日本人が手作業にて製作をしています。こだわりは「お客様が欲しいものを作る」です。

 

 

営業カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ別

Instagramはオーダー品の途中経過や、試作などカタログ代わりに見てください(^-^)

 

Instagram