革ってなあに?

『皮』と『革』同じカワなのに何が違うの? という方のために・・・。

一般的に動物の体を覆っている皮、動物の皮をはいで何も加工していない皮(生皮)を『皮』と言います。動物からはいだ生皮は、そのまま放置すると腐ったり乾くと固くなってしまいます。そこで、生皮を腐らないようにしなやかさを失わないように皮を加工します。この加工工程を『なめし』と言い、生皮をなめした物を『革』と言います。   

このように、なめし加工を施していない皮を『』なめした皮を『』と区別しています。

ヌメ革ってなあに?    

ヌメ革とは牛皮を植物から抽出したタンニンという渋の成分で長時間かけて鞣した、染色や塗料仕上げなどの表面加工を施さない革(ナチュラルレザー)のことです。昔ながらの最も自然な風合いの革で、堅牢で風格があり、適切な手入れをすれば非常に長持ちをします。柔らかく、厚みがあり、独特の薄い茶褐色を特徴としています。使い込んでいくにしたがって滑らかな光沢が出てくるのも特徴の一つにあげられるでしょう。                                            

また、廃棄されても土中で微生物により分解されるため、自然環境に優しい素材として近年注目されています。なお、タンニンなめしは自然の素材によるなめし方法であるため、ヌメ革は廃棄されても土中で微生物などにより自然に分解されます。またその製造工程中にも環境を汚染するような有害廃棄物をほとんど出さないため、自然環境に優しい素材として近年特に欧州を中心にその価値が見直され、スローライフ回帰傾向の中で高い評価を受けるようになってきています。                                            

一般的に使われている革はいろんな形で自然環境に負担を与えています。現在使われている革の多くはクロムなめしで作られている革になります。革の表面に科学物質を使用することでなめらかにするこの方法は、短時間でなめすことが出来て、軽く、柔らかいのが特徴です。                                            
製造工程中に有害廃棄物を排出してしまうクロムなめしに比べ、タンニンなめしで作られている革は、自然に優しい素材として注目すべき素材でもあるのです。この方法でなめされた革は、硬くて型崩れがしにくいとても丈夫な革になります                                            

ヌメ革の特徴    
★味の深みが出てくる
日光などによって日焼けしたり、手の脂が染み込むことなどによって色がより深いものへと変化します。特にオークやブラウン系では、俗に言う「あめ色」へと変化し、何ともいえない深い味わい風合いに熟していきます。「革を育てる」楽しみを求めてみてはいかが?!                                            

★ つやが出てくる
ヌメ革は使っていく間に受けた日光や熱、マッサージなどの刺激により、革が元々含んでいる脂分が表に染み出し、独特のじんわりとしたつやが出てきます。これが色の変化と並行して革の味わいを深め、ヌメ革を使い続ける事を楽しいものにしているのです。                                            
これが表面につやのある皮膜を作り、味わいと共にある程度の撥水効果ももたせることになるのです。                                            
★ 傷はつきやすいが、丈夫で長持ち
他の革に比べ繊維の目が詰まっているので、とても頑丈な革です。丁寧にお手入れをしながら使用することにより5年10年と長く付き合えるのが一番の特徴。                                            
表面加工をしないため簡単に傷はつきますが、その傷さえ深い味わいとなっていくはず。                                            
★ 型くずれはクッタリとしてくる革の味わい
初めのうちはごわごわして固い感じがしますが、使い込んで繊維がほぐれてくると革が馴染み、使われ方にしたがって徐々に形が変わってクッタリとしてきます。この性質を積極的に楽しみ、思い通りの味わいを出せた時の楽しさは他の革では味わえません。                                            
★ 水には注意しましょう
革素材が水に弱いということはほぼ常識ですが、ヌメ革は水に濡れるとその部分がシミになってしまいますので、特に注意が必要です。ただし、水シミで色が濃くなってしまった部分も、使い込まれて周りの色が濃くなってくると自然に目立たなくなってしまいます。                                            
★ トラ、血筋、シワ、傷痕がある
最もナチュラルな革なので、動物が元々持っているしわや傷痕(トラ)、血管が通っていた跡(血筋)がそのまま革に模様として現れます。これらはナチュラルレザーには付きものの特徴で、本革である証左であり、むしろそれが味わいになります。あえてこれを選ぶ方もいるくらいなのですから。                                            

特徴1
 人間の皮膚にシワがあるように動物の皮にもシワが存在します。                                        
擦り傷、切り傷、虫刺されの痕など                                       
特徴2
葉脈のような筋血管が皮膚のすぐ下を通っていた痕跡がそのまま残ったものもあります。                                       
特徴3
革を染めるとき、革の繊維や密度、厚さなどにより染めムラや濃淡が出ることがあります。                                        
子供か大人か、オスかメスか、どの部位の革なのか・・・。  

オイルレザー   
なめし、または仕上げの段階でオイルをたっぷり含ませた革です。タンニンなめしの際に、オイルを含ませるとタンニン革の性質に近いオイルレザーになり、クロムなめしの際にオイルを含ませるとクロムなめしの性質に近いオイルレザーになります。しっとりとした質感としなやかさが特徴でもあります。                                            
サドルレザー  
タンニンなめしで仕上げた厚めの牛革に、オイルとロウを塗りこんだ革です。曲げると、その部分の油が逃げて白っぽくなります。使い始めは肌色に近い色ですが、年月を重ねるごとに飴色(茶褐色)に経年変化していく特徴的な革です。作り上げるのに数ヶ月を要するので、大量生産出来ません。                                            
また、馬具(鞍)に使われていたためサドルレザーと言うのが由来のようです。                                            
                                 
栃木レザー 
タンニンなめしの日本最高峰が栃木レザーです。昔ながらの作り方で革を製造しています。タンニン槽で3週間かけじっくりなめされた最高級のヌメ革をグレージングすることにより、艶と焼きムラを出した革です。一般にサドルレザーの名で販売されているヌメ革です。 床のしまりも良く薄く漉き加工した場合でもしっかりとこしが残りオールラウンドに使える革です。                                            
しかし、この方法でなめすには大変時間がかかり(約1ヶ月半)、場所もとる為、だんだん少なくなっており、希少性も高くなりつつあります。                                            
ブライドルレザー   
ブライドルレザーとは、フルグレインカウハイド(成牛の表革)を約6週間天然植物エキスを用いてなめし、染色を施し約3ヶ月かけて蜜蝋を染みこませた革です。ブライドルレザーは年月を重ねるごとにその光沢、艶を増し、とても味わいのあるものになり、強く耐久性のある革です。                                      
なめし方は樹皮や種子など自然の草木を使用したフルベジタブルタンニングで、約10週間かけてなめされます。 その後、天然染料を使用し染色され、革の深部にタロー(獣脂)がしっかりとしみ込むまで、ブライドルグリースの中に浸します。この作業にかなりの手間をかけ、上質なブライドルレザーを完成させます。                                            
ブライドルレザー製品には、ブルームという白い粉状のものが現れるという特徴があります。このブルームは、ブラッシングすることで革の中に戻ります。                                            


ここにご紹介させて頂いたのは、ごく一部。                                            
他にもさまざまな種類があります。                                            


仔牛革
カーフ
生後6ヶ月以内の仔牛の皮で、繊維がもっとも細かく、最上質。
中牛革
キップ
 
生後6ヶ月から2年ぐらいの中牛の皮で、カーフよりも厚手
成牛革
カウハイド
生後2年の牝(メス)の成牛の皮で、丈夫で厚い。
ステアハイド  
生後3ヶ月から6ヶ月以内に去勢した牡(オス)の成牛の皮で、最も多く使われています。                                  
ブルハイド   
生後約3年以上の牡(オス)の成牛の皮で、大型で厚く、キメも粗いので丈夫なものに使われています。                                  
馬革   
繊維組織は柔らかく、皮の表面はスムースです。                                  
尻の部分は繊維が緻密なため、光沢の美しいコードバンになります。                                  
鹿革  
暖かい肌触りを持つ水洗いが出来る皮です。                                  
非常に強靱で、特に引っ張りに対して強い。                                  
日本でも古くから使われています。                                  
羊革   
毛穴が小さくてきめが細かくソフトな感じです。                                  
山羊革  
繊維の充実度が高く、羊皮よりも肌がかたく丈夫です  
豚革  
唯一の国産素材で、革として海外にも輸出されています。表面が摩擦に強く、通気性に優れています。                                  
                             
牛革
ステアハイド                                       
生後6か月以内に去勢された雄牛革                                       
もっとも一般的に使用されている牛革                                        
ブルハイド                                       
生後3年以上の雄牛革                                       
丈夫ですがキズが多く、靴底やベルトに使用されています                                        
カウハイド                                       
生後2年以上の出産経験のある雌牛革                                       
出産経験のない雌牛はカルビンと呼ばれ、きめが細かく高価                                        
キップスキン                                       
生後6か月~2年程度の牛の革                                       
きめ細かくやわらかい、比較的高価な革                                        
カーフスキン                                       
生後6か月以内の牛革                                       
キズが少なくきめ細かい、牛革の最高級素材です                                        
ハラコ                                       
腹子。不幸にも生まれる前に死んでしまった子牛の革。数が少ない貴重な素材                                       
便宜上、牛毛革(ヘアカーフ)やポニーの毛革をハラコと呼んだりもします                                        

バイソン(野牛)バッファロー(水牛                                       
気が荒い動物のためもともとのキズが多いのですが、強靱で軽くやわらかい、希少な高級素材です                                        

豚革                                        
ピッグスキン
                                       
独特な凹凸をもち、軽くて固い素材。旅行用のトランクや、Gマークの有名ブランド品にも使用されています                                        

馬革                                        
コードバン                                       
馬のバット(臀部)の革。丈夫できめ細かく美しいツヤをもち、「革の王様」と呼ばれる高級素材です                                        
ホースレザー                                       
コードバン以外の部分はひとまとめでホースレザーと呼ばれています。薄く強度が劣るためあまり使用されません                                        

羊革                                        
シープスキン                                       
生後1年以上の羊革                                       
やわらかさと強度に優れた皮革です。ジャケット・レザーパンツ・ゴルフグローブなどに使用されています                                        
ラムスキン                                       
生後12か月までの子羊革(6か月以内はベビーラムスキンともいう)                                       
シープスキンに比べると強度が若干劣りますが、やわらかく肌触りの良い高級素材です                                        

ダチョウ革                                        
オーストリッチ                                       
ダチョウの背中の部分の革。羽を抜いた跡(鳥肌)が特徴の高級素材です                                        

加工による分類                                       
スエード                                        
子牛や山羊革の表面をサンドペーパーで毛羽立たせて、ベルベット状に仕上げた革                                       
ベロア                                        
成牛革の表面をスエード加工した革。繊維が粗いため、スエードに比べて毛足が長め                                       
ヌバック                                        
革の表面(※銀面)をサンドペーパーで毛羽立たせた革。スエードに比べ、より毛足が短い                                       
ガラスレザー                                        
ガラスに貼り付けて乾燥、表面を磨いた後に樹脂でコーティングした革。硬くてツヤがある                                       
エナメル革                                        
ウレタンなどで表面をツヤ加工された革                                       
型押し革                                        
加熱加圧して型を押しつけた革。主にハ虫類のウロコ模様などを表現する   

なめしにも色々な行程があります。                                            
なめしの作業に入る前に、原皮を石灰ずけ、脱毛、皮の肉面に付着している肉片や脂肪を取り除く等の準備工程を経て、なめしの行程に入ります。なめしの行程では、用途に応じて配合されたなめし剤の槽につけてから、水絞り(革中の余分な水分を絞り出す)や、シェービング(革の肉面を削り、一定の厚さに調節する)等の行程を経て、仕上げの行程に入ります。仕上げの行程では、大きさを整えたり、乾燥させたり、染色したり、オイルを加えたりして革を完成させます。                                            
                                     

なめしの種類    
タンニンなめし(渋なめし)
植物の樹皮、根、葉などから抽出した植物タンニンを用います。タンニンなめしの革は、水をよく吸い、水を含むと柔らかくなり、伸びたら元に戻らないという特徴があります。                                       
カービングや革細工に最適の革です。                                       
代表的な革としては、ヌメ革などがあります。
                                       
クロムなめし(金属なめし)
植物タンニン液のかわりに、塩基性硫酸クロームを用います。                                       
タンニンなめしに比べ、軽く仕上がり、吸水性が少なく、柔軟性、伸縮性に富みます。                                       
レザージャケットやブーツなど、現在ではほとんどの革製品がクロムなめしされた革を使用しています。                                       
        
混合なめし(コンビ
クロムなめし、タンニンなめし、両者の特徴を併せ持つ。                                       
代表的な革にグローブレザーなどがあります。  

油なめし
なめしの段階、または仕上げの段階で革に多量にオイルを含ませます                                       
タンニンなめしの際に、オイルを含ませれば、タンニン革の性質に近いオイルレザーになり、クロムなめしの際にオイルを含ませると、クロムなめしの性質に近いオイルレザーになります。

人気商品

代表の丸山です

こんにちは。M's craftの代表 丸山です。素材と作りにこだわりを持ちすべて日本人が手作業にて製作をしています。こだわりは「お客様が欲しいものを作る」です。

 

 

営業カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ別

Instagramはオーダー品の途中経過や、試作などカタログ代わりに見てください(^-^)

 

Instagram