革製品のお手入れ方法で気をつけるポイント


革製品を好んで持っている方も多くいらっしゃるでしょう。革製品に知識のある方は、大事な革製品を日頃からキチンとお手入れしているものです。知識のないままお手入れしている方は、そのお手入れ方法は間違った方法かもしれません。


間違ったお手入れ方法は、革製品の寿命を縮めることになってしまいます。では、革製品の間違ったお手入れ方法にはどのようなものがあるのでしょうか?こちらでは、革製品のお手入れ方法で気をつけるポイントについてご紹介をさせて頂きます。

 

革製品のお手入れ方法で気をつけるポイント

■汚れを取るために水拭きをしてはいけない

革製品は基本的に、濡らしてはいけません。革製品を濡らすと革の油分が抜け、シミになったり、ゴワゴワになったりします。そのため汚れがあるからといって、革製品を水拭きするようなことはしないでください。ですが、サドルソープを用いてお手入れをする場合には問題ありません。


■革製品にオイルをたっぷり塗ってはいけない

革製品に光沢、しめりを与えるためにオイルを塗ることは非常に重要です。そうすることが、革製品の愛用する 期間を長くすることにつながります。ですが、オイルも塗りすぎに注意しなければいけません。オイルをたっぷ り塗って、オイルを少しでも拭き残してしまうと、カビが発生する原因となってしまうからです。ですから、オ イルを塗った後はしっかりと拭き取るようにしてください。 定期的(2~3カ月に1回程度)に全体に薄めに保湿してあげるのが理想です。


■直射日光やドライヤーを当てて乾かさない

革製品を日常的に持ち歩いていると、雨に濡らすこともあるでしょう。しかしその時、革製品を乾かすために直射日光やドライヤーを使用しないでください。その理由は、高温を当てることにより、革製品の性質が変質するからです。革製品が固まったり、ゴワゴワになってしまいます。そのため革製品を乾かす際には、風通しが良い、日陰で行うようにしてください。

 

このような革製品のお手入れを行っては、革製品の寿命を縮めることになってしまいます。ですから、上記のポイントをしっかりと守って革製品はお手入れするようにしましょう。そうすることで、革製品を長く愛用していきましょう。

人気商品

代表の丸山です

こんにちは。M's craftの代表 丸山です。素材と作りにこだわりを持ちすべて日本人が手作業にて製作をしています。こだわりは「お客様が欲しいものを作る」です。

 

 

営業カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ別

Instagramはオーダー品の途中経過や、試作などカタログ代わりに見てください(^-^)

 

Instagram