革製品の保管方法


当店では、様々なレザークラフト商品の販売を行っています。財布やアクセサリー、キーホルダー、煙草入れなどのレザークラフト商品を豊富に取り揃えています。しかし、革製品を手に入れたいのは良いが、保管方法がわからないという方も中にはいらっしゃるでしょう。


革製品というのは、ただ単純に置くことが保管ではないのです。適切な方法で保管することが大切なのです。そうすることにより、革製品と長く付き合っていくことが可能となります。下記にて、その革製品の保管方法をご紹介します。

 

レザークラフト

■カビに気をつける

革製品を保管する際、最も気をつけたいのが「カビ」です。ですから、カビが発生しやすい場所に保管をするのは避けましょう。カビが革製品に発生してしまうと、カビ菌によって革が変色してしまったり、カビ独特の臭いを発してしまいます。そうなっては革製品を長く愛用しようという気持ちが薄れてしまうでしょう。そうならないためにも、カビに気をつけて保管をするようにしてください。


■乾燥させ過ぎに気をつける

カビ対策として、除湿剤と一緒に革製品を保管する方もいらっしゃるでしょう。しかし必要以上に除湿をしてしまうと、革が乾燥し過ぎることがあります。乾燥がひどくなると、革製品はひび割れなどを引き起こしてしまいます。


カビの予防も大切ですが、乾燥にも気をつけましょう。除湿剤と一緒に保管している場合には、定期的に革の表面をチェックするようにしましょう。もし乾燥をしていたら、オイルを塗って乾燥を防ぎましょう。


■直射日光に気をつける

革製品は色褪せや日焼けをします。そのため、革製品を保管する際には直射日光に気をつけましょう。直射日光に当たることが乾燥の原因にもなりますので、保管場所には注意が必要です。但し革製品によっては、はじめに日光浴を推奨しているものもありますので、購入後に調べましょう。

 

他にも、革製品を保管する方法はありますが、特に重要な保管方法をご紹介しました。ぜひ上記の保管方法を知識として身につけ、革製品を保管するようにしてください。

人気商品

代表の丸山です

こんにちは。M's craftの代表 丸山です。素材と作りにこだわりを持ちすべて日本人が手作業にて製作をしています。こだわりは「お客様が欲しいものを作る」です。

 

 

営業カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ別

Instagramはオーダー品の途中経過や、試作などカタログ代わりに見てください(^-^)

 

Instagram